床材の選び方

フローリング.jpg床材は、デザインだけでなく性能も考慮して選ぶことが重要です。主に床材に求められる性能として、掃除のしやすさ、滑りにくさ、傷つきやすさ、耐水性、防音性等があり、お部屋の使用用途に合わせて選ぶと良いでしょう。そして、床材を選ぶ際にもう一つ重要なことがあります。それは感触です。
 欧米と違い、日本では素足で床の上を歩くことや直接床に座ったり寝転んだりすることも少なくありません。だから床材の感触が良いか悪いかで、住まいの快適性を大きく左右します。例えばフローリング。無垢フローリングと合板フローリングでは感触が全然違います。また床暖房に対応できる材料、対応できない材料もあります。
 床は、壁や天井と違い日常生活で直接からだに触れるものです。床材を選ぶ段階で、様々な条件を考慮したうえで私どもにご相談下さり決められてはいかがでしょうか。