棟札

写真は現在新築中のU様邸建物の小屋裏に取り付けられた棟札です。u棟札.jpg

棟札(むなふだ、むねふだ)は、寺社・民家など建物の建築・修築の記録・記念として、棟木・梁など建物内部の高所に取り付けた札です。典型的には、木の札または銅の板に記して釘で打ち付け、中には建物の部材に直接記されることもあり、これを梁上銘と呼ぶこともあるそうです。

書かれる内容は築造・修理の目的を知るした意趣文やその年月日や建築主・大工の名・工事の目的など建築記録を記しますが、関連して他の事に及ぶものもあります。簡潔なものもあれば、詳細に記されたもの、絵柄が記されたものなど多種多様で、小屋裏などの見えない位置に取り付けられるため、年月か経つとしばしば存在が忘れられてしまいます。そうした棟札が解体・修理の際に発見されることがよくあるのです。

棟札に記されていることは誤記などもあるが、その建物をはじめその地域の歴史や文化に関する重要な歴史的史料となり、文化財に指定されているものも多いようです。最古の棟札は、岩手県中尊寺保安3年(1122年)銘をもつものだそうです。