長期優良住宅

2009/6/16 晴れ

長期優良住宅とは?

現在我が国の住まいは30年〜40年で建替えているそうです!これは欧米と比較するととても短い寿命です。「つくっては壊すフロー消費型の社会から、「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使うストック型社会へ転換しようという試みが、この「住宅の長寿命化への取り組み」のビジョンです。さらに、この住宅の長寿命化の実現に向けて、新たな建設システム、維持管理システム、流通システム、金融システムの構築を図り、さらにこれらのシステムに関する担い手の育成、ビジネスモデルの構築を推進していくことを示し、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が制定されました。拠田は、いちはやくこの長期優良住宅に向けて様々な取り組みを行っております。

■長期優良住宅のメリット

@不動産取得税の控除額を増額 1200万円→1300万円

A固定資産税の減額措置の延長 3年間1/2→5年間1/2

B登録免許税の引き下げ 所有権保存登記0.15%→0.1%等

C投資減税型の特別控除 ローンを使わない人も所得税減税

D住宅ローン減税の拡充 最大控除500万円→600万円

■認定基準

@耐震性 極めて稀に発生する地震に対し、改修の容易化をはかる為、損傷レベルを低減。

A劣化対策 数世代に渡り住宅の構造躯体が使用できる。

B維持管理・更新の容易性 設備等の維持管理を容易に行う為の措置。

C長期に利用される構造躯体において対応しておくべき性能 断熱性能等の省エネルギー性能の確保

D計画的な維持保全 定期的な点検・補修等に関する計画を策定

長期優良住宅法関連情報