建築吉日とは?

六曜や12支と言われる暦がございます。その中の1つですexclamation

 「建築吉日」というものがございます!!

土地の契約から始まり、建物の契約、地鎮祭、上棟など どの日に行えば良いと思いますか? おそらくほとんどの皆さんは、「大安」は吉の日で、「仏滅」は凶の日という認識があると思います。

カレンダーに良くのっているのは、「六曜」というものです。 良く知られているように、先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順にあります。 大安が吉日で、次に先勝(午前が吉)、友引(昼以外は吉)、先負(午後が吉)が一般的に言われています。

 「建築吉日」は、カレンダーにはあまり書かれていない「十二直(じゅうにちょく)」で主に見ます。 一般的には、次のような意味があります。(※赤字が「建築吉日」です。)

建たつ】万物を建て生じる日 よろず大吉の日。但し動土・蔵開きは凶

満みつ】全てが満たされる日 新規事・移転・結婚などは吉。但し動土・服薬は凶

平たいら】物事が平らかになる日 旅行・結婚などは吉。 但し穴掘り・種まきは凶

定さだん】善悪が定まる日 開店・結婚・転居・種まきは吉。 但し旅行は凶

【執とる】執り行う日 祝い事・造作・種まきは吉。 金銭の出し入れは凶

【破やぶる】物事を突破する日 出陣・漁猟・服薬は吉。 但し祝い事・契約は凶

【危あやぶ】物事を危惧する日 万事を控えめに

成なる】物事が成就する日 新規事・建築・開店は吉。但し談判は凶

【納おさん】物事を納め入れる日 収穫・商品購入は吉。 但し結婚・見合いは凶

開ひらく】開き通じる日 建築・移転・結婚等は吉。 但し葬式は凶

【閉とづ】閉じ込める日 金銭出納・建墓は吉。 但し棟上げ・結婚・開店は凶

 

十二直は、北斗七星がどの方角を向いているかで、吉凶を占うとされています。

また、大安でも「凶」なのが、「三隣亡」です。この日から物事を始めると、向こう三軒両隣まで災いが及ぶとされる怖い日です。大安吉日、建築吉日でも「三隣亡」の日がありますので、この日は避けましょうね。 「建築吉日」、今後の住宅計画、建築スケジュールにお役立て下さい。わーい(嬉しい顔)